遥か昔 この世界にまだ昼と夜がなかったころ

  二柱の神々が 互いの存亡をかけて

  戦いを繰り広げていた

  一柱は 銀の嘴を持つ常闇の鳥の姿

  一柱は 金の嘴を持つ光明の鳥の姿

  長きに渡る戦いは ついに相討ちで決着を迎え

  常闇の鳥は 夜の闇と銀の星に

  光明の鳥は 昼の光と金の雨になって

  地上へ降り注ぎ そしてまた長い時を経て

  うつくしい結晶となった
  

  (ディヴァイン・コア発祥の言い伝えより)
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

キャラクター

ストーリー

メンバーのみ編集できます